歯周病②SPTとは?|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

歯周病②SPTとは?

投稿日:2020年2月5日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちわ。歯科医師の山口です。

今日は歯周病治療のおはなしです。

SPTという単語聞いたことあるでしょうか?

SPTとは、サポーティブ ペリオドンタル セラピーの頭文字をとったもので、日本語では『歯周安定期治療』といいます。

歯周病は国民病といわれていますが、一度「中程度の歯周病」 になってしまうと慢性疾患なので、不安定な経過を辿る事が多い疾患といわれています。

「中程度の歯周病」というのは歯周ポケットという歯の周囲の歯ぐきの隙間が『4mm以上で、触ると出血したりする場合』を示します(※他にも条件あり、あくまで簡易的表現です)

この「中程度の歯周病」になると、完治するのは理論的に難しいと言われていて、定期的に歯科医院で管理、清掃、病的症状の早期発見・早期治療が必要となります。

実は保険制度では、ただの口の中の健康診断やメインテナンス等の病気が無い方の清掃などは認められておりません。

しかし、「中程度の歯周病」の場合は基本的には「完治しない」病気なので、安定させるための継続的治療が必要になるわけです。そういった患者様のためにSPTという制度が保険で認められました。

髪が伸びたら散髪に行くのと同じで、歯ぐきが不安定になる前に定期的に歯石を取ったり、管理しましょう、ということです。

歯周病は2~3か月でリバウンドしてくると言われていますので、

当院では毎月のSPTを推奨しております。(患者様個人の状態により異なります)

実際の処置の内容は、

プラークコントロール
専門的機械的歯面清掃
歯周ポケット内洗浄
スケーリング・ルートプレーニング
咬合調整など

「包括的治療」で、原因因子の除去に努め、併せて口腔衛生指導や再動機づけなどを行います。

・患者様の利点としては再診費用で出来る

・1回の治療時間が30分とあまり時間がかからない

・担当制を採用しているので毎回同じ先生・衛生士さんに診てもらえる

などのメリットもあり、歯周病の安定には不可欠と思われます。

歯周病が気になる方は、是非当医院で継続的管理をしていきましょう!!​

 

 

 

*当院では予約制を採用しております。

 ご予約の時間にはできるだけ余裕をもってお越しください。

 お電話でのご予約・ご変更も随時受け付けております。お気軽にお電話ください。

 047-395-4618

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る