歯磨きのタイミングについて|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

歯磨きのタイミングについて

投稿日:2020年7月28日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!歯科医師の高津です。

今回は、歯磨きのタイミングについてお話したいと思います。

何年か前に、食べてすぐ歯磨きをすると歯が削れてしまうから、30分待ってから歯磨きをした方がよい、という記事がネットで広まりました。みなさんも聞いたことはないでしょうか?

その記事が出た当時、たくさんの患者さんから問い合わせがありました。相当なインパクトのある内容だったのでしょう。権威のある学会が、それに対する声明を出したくらいです。

なぜ30分待つということになったのかといいますと、食事をした直後は口の中が酸性になり、歯が弱くなります。その時に歯磨きをすると、ブラシで歯が削れてしまうのではないか?という研究があったのです。30分待てば口の中が元の状態に戻るので、待ってからの歯ブラシを推奨する、という内容でした。

現在、その内容に対する大半の歯科医院の答えは、「食べたらすぐ磨いたほうがよい」になっています。

その研究は、患者さんを対象とした研究ではなく、実際はほとんど歯が削れることはありません。それよりも、食べたらすぐ歯を磨いて、口の中の汚れ(歯垢)や食べカスを取ったほうが、よっぽど虫歯予防につながると考えられるからです。

また、朝の忙しい時間に、30分も待っている暇はないですよね。待っている間に歯磨きを忘れてしまうことも考えられます。歯磨きは、食後すぐに行いましょう。

行徳スマイル歯科では、歯の治療はもちろんのこと、虫歯、歯周病予防に力を入れています。ぜひお越しください

高津

 

 

トップへ戻る