セラミック審美治療症例(50代:男性)|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

新型コロナウイルス対策について

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

セラミック審美治療症例(50代:男性)

銀歯と外れた歯をセラミッククラウンで審美修復した症例

外れた歯と銀歯をセラミッククラウンで審美修復した症例をご紹介します。

初診時の口腔内

初診時の口腔内

過去に治療した下顎奥歯が外れてしまったので治療したい。銀歯を白くきれいにしたい。とのことで来院された患者様です。

銀歯の除去

銀歯の除去

元の被せ物を取り外した直後の様子です。金属で被せ物を作成する場合、その厚みは1㎜程度で作成できます。

銀歯の除去

セラミックでの被せ物を作成するには、強度の関係上、全体的に最低1.5㎜必要なため、規格化されたドリルにて削っていきます。

厚みを持たせたことで左右の写真で黄色の部分に違いが見えます。マイクロスコープを使用しています。

銀歯の除去

虫歯治療と土台の形成

虫歯治療と土台の形成

虫歯治療と土台の形成

虫歯治療と土台の形成

虫歯治療と土台の形成今回の症例では根の先に病気や問題がありませんでしたので、患者様と相談の結果、被せ物のみの作成となりました。

土台周囲に虫歯が確認されたため、虫歯はすべて取り除き、樹脂で埋めて成形します。

セラミッククラウンの製作

セラミッククラウンの製作

形を削り終わりました。歯の色を確認するため、写真を撮ります。

セラミッククラウンの製作

周囲の歯の色、被せる歯の色、被せる歯の土台の素材など、様々な情報を技工士さんと共有していきます。

セラミッククラウンの製作

完成した被せ物です。金属を一切使用しないセラミッククラウンです。

セラミッククラウンを装着して治療完了

サンプルイメージ

完成したセラミッククラウンを確認していただき、噛み合わせを調整して土台の歯に装着します。装着後、噛み合わせに問題ないか使用していただき、確認していきます。また、なるべく歯肉が下がったり、再び虫歯になったりしないよう継続的に検診を行っていきます。

審美治療前

審美治療前

審美治療後

審美治療後

年齢/性別 50代 女性
治療回数 4回(上下それぞれ2回)
治療期間 約2ヵ月(上下それぞれ1ヵ月程)
治療費 600,000円/税別(150,000円×4本)
リスク・注意点 ・金属の被せ物に比較して割れたり欠けたりすることがある。
・歯肉のケアを継続的に行っても歯と被せ物の境目が経年的に見えてくる場合がある。

この症例の担当者のご紹介

つめ物・被せ物(審美歯科)ページ>>

トップへ戻る