精密根管治療・エクストルージョンによる抜歯回避の症例|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

新型コロナウイルス対策について

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

精密根管治療・エクストルージョンによる抜歯回避の症例

根管治療とエクストルージョンによって抜歯を回避した症例

50代の男性です。左上の前歯が折れて痛いということで来院されました。診査の結果、左上の前から2番目の歯の被せ物が土台ごと取れてしまい、歯が一部割れている状態でした。レントゲンでは根の病気もできており、現在の状態で被せ物を作り直しても長持ちはしないと判断しました。

土台ごと外れた歯

土台ごと取れた被せ物です。

サンプルイメージ

歯が割れて、歯ぐきに一部埋もれています。

サンプルイメージ

赤:レントゲンでも歯が割れているのが分かります。
黄:根の病気を確認。

患者様に現在の歯の状態を説明し、歯を残して治療するか、抜歯して入れ歯やブリッジ、インプラントを行うか、それぞれのメリット・デメリットを説明しました。患者様は歯を残すことを希望され、またできるだけ長持ちするように治療してほしいと希望されました。 そこで、まず精密な根の治療を行い、その後、歯に矯正装置をつけて引っ張り、歯茎の中に埋まってている健康な歯を出して被せ物を作ることにしました。

サンプルイメージこの歯1本では強度的に不安があり、また隣の1番目の歯も根の病気ができていたため、患者様と相談し、これら2本の根の治療を同時に行い、2本連結した被せ物を作ることにしました。

サンプルイメージ

電気メスで余分な歯ぐきを除去する。

サンプルイメージ

歯を補強し、根の治療を行えるようにする。

精密な根の治療を行うためにまず、歯ぐきに埋もれてしまっている一部の歯を補強しました。その上に仮の歯を作り、清潔な根の治療を行う準備を行いました。

根管治療の実施

サンプルイメージ

①以前の治療で根に詰められた薬は細菌感染しています。

サンプルイメージ

②精密な器具で感染した薬を取り除きます。

サンプルイメージ

③超音波の器具で根の中を洗浄します。

精密な根の治療を実施。以前の治療で詰められた薬は細菌に感染してしまっているので、残さずに取り除きました。幸い、致命的な歯の割れなどはありませんでした。徹底的に根の中を洗浄しました。

サンプルイメージ

2番目の歯の根の中。以前の薬は除去され綺麗になりました。

サンプルイメージ

1番目の歯も同様。2本とも歯に割れなどなく、良い状態です。

後日、痛みなどの症状が無くなったことを確認し、新たに薬(MTAセメント)を詰め、根の治療が完了しました。

サンプルイメージ

①綺麗になった根管へ新たに薬(MTAセメント)を詰めます。

サンプルイメージ

②専用の器具で根の先から隙間なく詰めていきます。

サンプルイメージ

③2本ともしっかりと薬が詰まりました。

【根管治療後:1番目の歯のCT画像】

サンプルイメージ

(左:横からのCT画像/右:前からのCT画像)緊密に薬が入っているのが確認できます。

【根管治療後:2番目の歯のCT画像】

サンプルイメージ

(左:横からのCT画像/右:前からのCT画像)緊密に薬が入っているのが確認できます。

エクストルージョン(矯正的歯の廷出)の実施

続いて、2番目の歯に矯正装置をつけて、歯ぐきに埋もれている健康な歯を引っ張り出します。

エクストルージョンの詳細はこちら>>

サンプルイメージ

①2番目の歯に装着する矯正装置(フック)です。

サンプルイメージ

②矯正装置(フック)を2番目の歯にセメントで固定します。

サンプルイメージ

③両隣の歯に装着する矯正装置です。

サンプルイメージ

④両隣の歯に矯正装置をセメントで固定します。(表側)

サンプルイメージ

⑤裏側はこのようになっています。

サンプルイメージ

両方の装置にゴムをつけて2番目の歯を引っ張り上げます。

4週間後、長持ちする被せ物を作るのに必要とされる健康な歯の高さを獲得できたので、最終的な被せ物を作ることになりました。

サンプルイメージ

被せ物を作るのに十分な高さを獲得。

サンプルイメージ

(左:矯正前 右:矯正後)レントゲンでも歯が引っ張られたのが分かります。

かぶせ物の製作

サンプルイメージ

①引っ張り上げた歯に土台を立て、形を整えます。

サンプルイメージ

②精密な歯型を取りました。

サンプルイメージ

採取した歯型を基にセラミックの被せ物を製作しました。

セラミックのかぶせ物を装着して治療完了

サンプルイメージセラミックの被せ物が入りました。

患者様は痛みもなくなり、また綺麗になった自分の歯でしっかりと食事ができることに非常に喜ばれました。

今後は他の歯も悪くならないように定期的な清掃・メンテナンスを行うことになりました。

年齢・性別 57歳 男性
治療期間 3ヵ月
治療回数 9回
メリット 【精密根管治療のメリット】
・歯を抜かずに残せる可能性が高くなる。
・歯が長持ちしやすくなる。
【エクストルージョン(挺出治療)のメリット】
・歯を抜かずに残せる。
・歯が長持ちしやすくなる。
・歯ぐきの状態が良くなり、歯磨き・メインテナンスがしやすくなる。
【セラミックの被せ物のメリット】
・見た目が美しく、自分の歯の色に近い自然な白さを再現しやすい。
・精度が良く、虫歯が再発しにくい。
・金属アレルギーの心配がない。
リスク・デメリット 【精密根管治療のリスク・デメリット】
・外科処置が必要となる場合がある。
・骨が再生するには時間がかかる。
・治療途中に歯が割れたり、保存が不可能と判断した場合は抜歯になることもある。
【エクストルージョン(挺出治療)のリスク・デメリット】
・歯の状態によっては、治療期間が予定よりも長くなることがあったり、中断することもある。
・外科処置が必要となる場合がある。
・治療途中に歯が割れたり保存が不可能になった場合は抜歯になることもある。
【セラミックの被せ物のリスク・デメリット】
・歯に優しい強度のため、被せ物がまれに割れることがある。
・金属よりも歯を少し多めに削る必要がある。

虫歯治療・根管治療ページ>>

トップへ戻る