下顎前歯の感染根管治療症例(26歳:男性)|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

新型コロナウイルス対策について

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

下顎前歯の感染根管治療症例(26歳:男性)

下顎前歯に実施した感染根管治療

慢性化膿性根尖性歯周炎になった下顎前歯を感染根管治療によって改善した症例をご紹介します。
【慢性化膿性根尖性歯周炎】…虫歯の放置や外傷によって神経が壊死した場合や、神経を取り除いた場合などに細菌が感染し、歯根周辺に慢性的に炎症が起こる症状。

初診時の口腔内

26歳男性の患者様です。痛みはないが、前歯の歯ぐきに違和感がしばらくあるとのことでご来院されました。10年以上前に下の歯を強打した記憶があるとのことでした。所見では、虫歯はありませんでしたが、電気歯髄診で失活していることが確認できました。
【電気歯髄診】…弱い電流を流して歯髄(神経)の生死を調べる診査法。

▼画像はクリックで拡大します

【レントゲン撮影】

サンプルイメージ

通常のレントゲンではほとんど異常かどうか判別できません。

【CT精密検査】

サンプルイメージ

前歯の根の先端に大きく骨が溶け穴が開いている様子が見られました。病巣は拡大し隣の歯も巻き込もうかとしています。早期の治療を必要とします。

サンプルイメージ

唇側の骨は完全に溶かされ、歯ぐきに腫れているところがありました。

通常のレントゲン写真では異常ははっきり分かりませんでしたが、CT写真で明らかな骨の吸収を確認しました。根の治療が必要であると判断しました。

根管治療の実施

【治療計画】

ラバーダムというゴム製のシートで細菌対策をしながら、マイクロスコープを用いて感染根管治療を実施。MTAセメントにて根管充填を行い、骨の再生を期待する。

サンプルイメージ

歯の裏から穴をあけていきます。唾液が入らないようにラバーダム(ゴム製シート)で歯を覆っています。

サンプルイメージ

消毒液を用いて、歯の中の神経の入っていた空洞を洗浄・消毒していきます。

サンプルイメージ

少し暗くてわかりにくいですが、根の先端まできれいになっていることが確認できます。

サンプルイメージ

消毒が終わったら薬を詰めていきます。殺菌効果・骨の再生促進効果のあるMTAセメントを少しずつ詰め、隙間ができないように埋めていきます。

治療完了

サンプルイメージ根管を充填後、穴を塞いで一先ず治療完了です。根管の奥までしっかりと薬が詰まっているのが確認できます。

今後、MTAセメントによって骨が再生してくるのを期待します。骨の再生には半年ほどかかるケースが多いため、定期的に通院いただき、経過を観察していきます。

年齢・性別 26歳 男性
治療期間 3週間程度
治療回数 3回
治療費 保険外診療 (1本)\170,000/税別
リスク・注意点 ・骨の再生には時間がかかる。
・骨の再生が100%起こるわけではない。
・外科処置が必要になるケースもある。
・歯が折れてしまうと抜歯となる場合が多い。

この症例の担当者のご紹介

虫歯・根管治療ページ>>

トップへ戻る