天然歯に近い透明感のあるセラミック修復|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

新型コロナウイルス対策について

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

天然歯に近い透明感のあるセラミック修復

投稿日:2021年5月11日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の山口です。

今日は下の歯のセラミック修復治療の様子をご紹介したいと思います。まずは装着後の様子の写真です。右下の前から5番目の歯、写真では右から3番目、左から2番目の歯です。

一つ奥の歯にも他の歯医者さんで治療された白い歯の被せ物が装着されていますが、どうでしょうか?その違いが見えるでしょうか?

まずは虫歯が大きく根の病気があった為、根の治療を施しました。

続いて、被せ物を作る段階で、患者様からセラミック修復のご要望があったため歯の土台も従来から使用されている金属製の土台ではなく、ファーバーとプラスチック樹脂による土台を作成しました。

ファイバーとプラスチック樹脂による土台は従来の金属によるものと比較して、①歯に優しく歯が割れにくかったり、②被せた際に光を透過しより自然な感じに仕上がる③型を取らずに直接口の中で製作する場合は治療に係る回数か減る、などの様々なメリットがあります。

 

土台の作成後、型を取り技工士さんと連携し被せ物を製作していきました。

完成したセラミックの歯を土台に合わせその適合具合や、噛み合わせ、色の調和などを確認していきます。問題がなければ最終的な接着剤にて接着していきます。隣の歯に接着剤がつかないように表面を保護しています。

嚙み合わせを確認しています。青く印がついたところがかみ合っているとことになります。

最終研磨し調整がすべて終わった状態です。

この様に手前の天然の歯と見た感じに遜色なく被せ物を製作することができました。

ただ、被せておしまい。

ではまた再び虫歯が再発したり、歯周病が再発したりしてしまします。

今回のこの患者様に対しても、被せ物の経過を見させていただくとともに定期的なメンテナンスについてお話させていただきました。自分の治療した経過を追って見せていただけることは、とても幸いなことです。

 

*当院では予約制を採用しております。

 ご予約の時間にはできるだけ余裕をもってお越しください。

 お電話でのご予約・ご変更も随時受け付けております。お気軽にお電話ください。

 047-395-4618​​

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る