訪問歯科診療②頸部聴診法|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

訪問歯科診療②頸部聴診法

投稿日:2020年2月12日

カテゴリ:スタッフブログ

こんばんわ。歯科医師の山口です。

今日は、訪問診療へ行ってまいりました。

背骨の圧迫骨折により寝たきり状態になっていらっしゃる患者様です。

このように「歯医者に行きたいけど、足が不自由で行けない
     「寝たきりで、外に連れ出すことができない

など、歯科診療を受けたくても受けられない方がいらっしゃいます。
しかし歯科治療や口腔ケアを受けずにいると、お口の中の環境はどんどん悪化してしまうでしょう。

寝たきりで過ごされている方、介護を受けられている方の多くは、お口のケアをご自分ですることが難しい状況にあります。
しかしご家族や介護にあたられている方は全身のケアに追われ、なかなかお口まで気が回らないということも少なくありません。

しかしお口のケアを怠ると、さまざまなトラブルが招かれてしまうことがあるのも事実です。
代表的なトラブルには以下のものが挙げられます。

摂食嚥下(せっしょくえんげ)障害

食べ物を咬み、飲み込んで胃腸へ送り込むことをいう「摂食嚥下」。
これがうまく働かなくなる状態を「摂食嚥下障害」といいます。
その特徴には、食事の際に口が大きく開けられない、むせる、咳込む、うまく飲み込めない、食後に声がかれるといった状態が挙げられます。

摂食嚥下障害を放置すると、身体は脱水症状や栄養不足を招き、さらには窒息や誤嚥性(ごえんせい)肺炎を引き起こすことにもなりかねません。
放置せず、きちんと治療することが大切です。

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

誤嚥」とは、食事の際に、食べ物や水分が過って肺に入り込むこと。
それと同時にお口の中の細菌が入り込んでしまうと、肺の中で繁殖して肺炎や呼吸器疾患を招いてしまうことがあります。肺炎とは、気道を通して侵入した細菌やウイルスなどの病原体が肺内で増殖し、炎症が引き起こされた状態です。肺炎は呼吸器の病気の中でも比較的よくみられます。日本の死亡原因の第3位)といわれています。

また、2019年12月以降、中国湖北省武漢市を中心に発生し、短期間で世界に広まっている新型コロナウイルスも、ウイルス“2019-nCoV”が原因とされている肺炎のことです。

 

今日の患者様も、ご家族から【なかなか食事をとらない、水分をとるとよくこぼす】など摂食嚥下障害・誤嚥性肺炎を引き起こしている可能性が強く疑われました。

そこで検査をします。

頸部聴診法(Cervical Auscultation )は食塊(Bolus:飲み込める状態となった飲食物)を嚥下する際に咽頭部で生じる嚥下音ならびに嚥下前後の呼吸音を頸部より聴診し、嚥下音の性状や長さおよび呼吸音の性状や発生するタイミングを聴取して、主に咽頭相(食塊が咽頭部を通過している状態)における嚥下障害を判定する方法です。本法は非侵襲的に喉頭侵入(食塊が喉頭内に流入し、かつ声帯上に留まるもの)、誤嚥(食塊が声帯下に流入すること)や下咽頭部の貯留を判定するスクリーニング法としてベッドサイドでも極めて簡便に行えるため、近年、嚥下障害を扱う医療現場で広く用いられています。

ここの位置に聴診器を当てて飲み込むときの音を聞いています。

聴診器はお医者さんが胸の音を聞いたりするものと一緒です。

加齢に伴う食べること、飲み込むことに関しての診断、評価を適確に行い、

食べる動きを回復するための訓練

食べやすい食事の形態、食べ方、介助の方法

摂食嚥下障害の予防法について指導致します。

 

 

 

 

 

*当院では予約制を採用しております。

 ご予約の時間にはできるだけ余裕をもってお越しください。

 お電話でのご予約・ご変更も随時受け付けております。お気軽にお電話ください。

 047-395-4618

 

 

トップへ戻る