歯と歯の間の虫歯|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

新型コロナウイルス対策について

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

歯と歯の間の虫歯

投稿日:2021年5月2日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の山口です。

今日は歯と歯の間に合った虫歯をプラスチックの詰めもので治療した様子をご紹介します。

まず治療前です。突然ですが、どこに虫歯があるかわかりますか?

実はこんなところに虫歯がありました。

この様に歯と歯の間はとても虫歯の発見が難しく、また歯ブラシでは磨けないところの為、虫歯のできやすいところでもあります。

虫歯を取り終わったので1本ずつプラスチック樹脂樹脂を詰めていきます。

まず虫歯の小さかったほう、奥歯から詰めていきました。

次に手間の歯を埋めていきます。

この時歯と歯の隙間が適切な間隔になるように(隙間が大きすぎると食べ物が挟まってしまう、隙間が小さすぎると清掃性が悪くフロスが通らなかったり虫歯に再びなりやすくなったりする)、専用の器具を使い詰めていきます。

詰めたら形を修正、嚙み合わせを調整して治療完了です。

一般的には銀歯などで修復されることも多い歯と歯の間の虫歯も、場合によってはこのように即日での修復と白いプラスチック樹脂での修復が可能です。

ただ虫歯になってしまった場所には必ず原因があります。今回の場合患者様にお話を聞くと歯と歯の間の清掃にフロスは使ったことがなかったとのことでした。これからは正しくフロスを使っていただき再び同じように虫歯にならぬよう努めていただきたいと思います。

歯は完全に治った、再生した訳ではありません。あくまで虫歯で削った部分を人工的に埋めたにすぎませんので今後の口腔衛生管理の状況によってはまた虫歯になってしまいます。

 

*当院では予約制を採用しております。

 ご予約の時間にはできるだけ余裕をもってお越しください。

 お電話でのご予約・ご変更も随時受け付けております。お気軽にお電話ください。

 047-395-4618

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る