歯が抜けてしまった方へ|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

歯が抜けてしまった方へ

投稿日:2020年3月31日

カテゴリ:スタッフブログ

こんばんは!歯科医師の高津です。
今回は、歯が抜けてしまった状態を放置する危険性について説明します。


むし歯や歯周病で歯が抜けてしまった時、多くの場合入れ歯やブリッジ、インプラントなどの方法で抜けた歯を補います。
しかし、痛みがない、不都合に感じない、治療にお金をかけたくないなどの理由で、歯が抜けた状態を放置する方もいらっしゃいます。


歯を抜けたままにすることには、さまざまな危険があります。
・咬み合わせの変化
歯列にかかる力のバランスが崩れ、隣の歯が移動して抜けた歯の方向に傾いたり、今まで咬み合っていた反対側の歯が伸びてきたりすることで、咬み合わせに変化が起こります。歯が移動して咬み合わせが狂うと、歯の周りの組織にダメージを与えて歯周病になることもあります。また、顎の正常な動きに支障を来して、顎の関節の病気を引き起こす可能性があります。


・咀嚼(そしゃく)の問題
食べ物をよく咬み砕くことができずに飲み込んだ場合、消化吸収が悪くなります。
・発音への影響
特に上あごの前歯がないと、空気が抜けて発音がしにくくなります。
・見た目の変化
咬む力が衰えるため、顔の筋力が低下します。しわやたるみが増えるだけでなく、ほほが下がるため、老け顔になってしまう可能性があります
・精神的な影響
歯がないことに劣等感をもち、精神的に悪影響が出ることもあります。


 このように、歯が抜けてしまった状態を放置することはとても危険です。将来的に多くの歯を失ってしまう可能性があります。また、歯だけでなく身体にも影響を及ぼしてしまいます。


抜けてしまった歯を補うのに、入れ歯やブリッジ、インプラントなどの治療方法があります。詳しい説明をお聞きになりたい方は、ぜひ行徳スマイル歯科までお越しください。
高津

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る