身近な危険~子供の歯ブラシ|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

新型コロナウイルス対策について

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

身近な危険~子供の歯ブラシ

投稿日:2020年8月24日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の山口です。

今日は子供の歯ブラシは意外にも危険であるというお話です。

東京消防庁のまとめによると東京消防庁管内では平成27年から令和元年までの5年間に、5歳以下の乳幼児が歯みがき中に歯ブラシで受傷した事故により、197人が救急搬送されています。

1年間で40人ほどの件数です。

・歩きながら歯みがきしていて、歯ブラシをくわえたまま、顔から転倒した。

・歯みがき中よそ見をして、台からすべり落ちた。

・歯みがき中にふざけて兄弟とぶつかり、歯ブラシがのどにささった。

・ソファーから落ちて、くわえていた歯ブラシが喉に刺さりそうになった。

などこのようなときに事故が起きています。

お口の奥は気管や食道の入口になっていますが、そのさらに数センチ奥には脳があります。

かつて割りばしが貫通し、なくなってしまったお子さんのニュースがありました。

乳幼児の歯磨きは必ず目の届くところで、座ってやりましょう。

子供は大人の真似をします。どうしても大人が歯ブラシをくわえたまま歩いたり、立って歯ブラシをしていれば真似をします。

面倒ではありますが、小さなお子様がいらっしゃるご家庭では大人も座って。くわえたままにしない。を心がけましょう。

 

自分の自宅では4歳と2歳の子供がおり今では歯ブラシはすっかり座ってやるもの。が習慣化しています。

 

痛ましい事故を避けるためにも注意してください。

*当院では予約制を採用しております。

 ご予約の時間にはできるだけ余裕をもってお越しください。

 お電話でのご予約・ご変更も随時受け付けております。お気軽にお電話ください。

 047-395-4618

トップへ戻る