保隙装置|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

新型コロナウイルス対策について

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

保隙装置

投稿日:2021年8月30日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科医師の山口です。

今日はお子様の歯の治療のお話です。

タイトルにあるように、保隙装置を言う装置のお話です。

保隙は、「ほげき」とよみます。

虫歯が大きくなり抜歯してしまうと歯のスキマを埋めようと、他の歯が移動してきます。このことにより後に出てくるはずの永久歯が出てこれなかったり正常な位置と異なる場所に出てきしまったりすることで将来の噛み合わせに問題が出てくる場合があります。

大人の場合はブリッジ、インプラントなどの方法により抜歯後の対応を行いますが、お子様の場合それらの方法が適応できません。

後に出てくる永久歯の為、【噛む】ことを目的とせず、歯と歯の【スキマ】を残すことを目的としたとした装置を設置するケースをご紹介します。歯が移動しないようにワイヤーで固定して永久歯の出てくるスペースを維持します。

奥歯の間に乳歯を抜歯したことで隙間があります。

この歯のないところから大人の歯が出てくるまで、まだあと2年ほどかかると思われます。そこで奥歯が手前に動いてこないように装置を設置します。

この装置は設置する歯を全く削らないで作成、接着剤で固定します。

この装置は、隙間の部分から永久歯が出始めた段階で取り外します。当然装置は歯の移動を防止するために口の中に固定したままとなりますのでより一層虫歯などにならないように歯ブラシを気をつけたり定期的に装置の状態や噛み合わせなどを観察する必要があります。

保険診療での適応がありますので詳しくはご相談ください。

*当院では予約制を採用しております。

 ご予約の時間にはできるだけ余裕をもってお越しください。

 お電話でのご予約・ご変更も随時受け付けております。お気軽にお電話ください。

 047-395-4618

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る