見た目に配慮した前歯の虫歯治療について|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

新型コロナウイルス対策について

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

見た目に配慮した前歯の虫歯治療について

投稿日:2021年1月5日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!歯科医師の高津です。

先日行いました、前歯の虫歯治療についてお話します。

以前のブログでもお伝えしましたが、奥歯と比べて、前歯の虫歯治療は治療後の見た目に気をつけなければいけません。せっかく虫歯が無くなっても、見た目が悪くなってしまうようでは、患者様によっては嫌な気持ちになるかもしれません。そのようなことにならないように、今回も虫歯の削り方を工夫して治療を行いました。

患者様は上の前歯がしみるということでいらっしゃいました。

 

前から見ても虫歯は無いように見えます。

しかし、裏側からみると前歯の歯と歯の間で黒く虫歯になっていました。

歯科医師からすれば、前歯の表側から削ったほうが虫歯を取りやすいのですが、その後に詰める白いプラスチック樹脂(コンポジットレジン)の色を天然の歯に完全に一致させるのは非常に難しく、明らかに治療したという感じが出やすいのです。

前歯の裏側から削ると、表側の天然の歯が多く残せるので、見た目が大きく変化しません。ただし、裏側から削ると、かみ合わせに影響することがありますので、そこを考えながら治療を行う必要はあります。

患者様と相談し、今回は歯の裏側から虫歯を治療することになりました。

治療中。やはり虫歯は中で広がっていました。

虫歯を取りました。

詰め物を歯の裏側から詰めました。

となりの歯も治療しました。

前から見ても治療前の見た目とほとんど変化はありません。

行徳スマイル歯科では、患者様の心情に配慮した治療を心がけております。ぜひお越しください。

高津

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る