ブリッジについて|市川市の歯医者|行徳スマイル歯科

新型コロナウイルス対策について

日曜日・祝日も診療しております
月~金曜・祝日 9:00~19:30
土・日曜日 8:30~18:00
無料駐車場・駐輪場併設
キッズスペース・バリアフリー完備

初診ネット予約受付

各種專門医によるセカンドオピニオン対応

047-395-4618

千葉県市川市行徳駅前2-25-7-1F

ブリッジについて

投稿日:2020年4月14日

カテゴリ:スタッフブログ

こんばんは!歯科医師の高津です。
前回は、抜けてしまった歯を補う方法として、入れ歯についてお話ししました。今回は、ブリッジについてお話します。
ブリッジとは、抜けてしまった歯の両隣の歯を削り、歯型をとって、ひと塊のつながった被せ物を入れる治療です。

ブリッジのよいところは
・短期間でできる 
・セメントで固定するので、入れ歯のように付け外す必要がなく、異物感が少ない 
・食べ物をしっかり咬める 
・奥歯の支えはしっかりしているので、咬み合わせの崩壊は起こりにくい         などです。

 


ブリッジの悪いところは
・隣の歯を削らないといけない(痛みが出ると神経を取ることがある) 
・両隣の歯に過剰な力がかかり、抜歯になりやすい 
・抜けた歯の部分の骨が、次第にやせてしまい、食べ物のカスが詰まりやすく虫歯、歯周病の原因となってしまう                                                などです。

 

その中でも、隣の歯を削らないといけないのは問題です。
もしその歯が虫歯もなく、何も問題のないきれいな天然の歯でも削らないといけません。

削った後にしみたり、痛みが出た場合、神経を取ることもあります。


神経を取った歯は
・根の病気ができる可能性がある。
・歯が割れやすくなる
・神経がないと痛みを感じないので、虫歯が大きくなっても気づきにくい
そういった理由で、抜歯になる可能性があります。

 

また、支えになる歯に過剰な力がかかり、将来抜歯になる可能性が高くなるのも問題です。


1本歯を失った場合では、2本で3本分を支えるブリッジになります。過剰な力を負担することになります。
もしこのブリッジがだめになり1本抜歯した場合、今度は2本で4本分を支えるブリッジになります。両端の歯にもっと大きな力がかかってしまいます。

 

ブリッジの説明は以上になります。より詳しい説明をご希望の方は、ぜひ行徳スマイル歯
科までお越しください。

高津

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る